助成金受給支援(起業・創業時に受給可能性の高い助成金)

助成金受給支援(創業時に受給可能性の高い助成金)

補助金に関する無料相談を実施中!!

ものづくり・商業・サービス革新補助金創業促進補助金など補助金をご検討の方に朗報です!
只今BPS税理士法人では、安心の「完全成功報酬制」で事業計画作成のプロが申請支援サービスも実施中です!
あなたも補助金で新規事業にチャレンジしてみませんか?

完全成功報酬制「ものづくり・商業・サービス革新補助金」「創業促進補助金」の事業計画作成のプロが申請支援サービスに関してはこちらをご覧下さい

■ 受給資格者創業支援助成金

日本政策金融公庫対策受給要件
①受給資格者であってその受給資格に係る被保険者期間が5年以上あること。
②次のいずれにも該当する法人等を設立した事業主であること。
・当該法人等を設立する前に、法人等を設立する旨をその住所又は居所を管轄する都道府県労働局長に届け出た受給資格者であったものであって、当該法人等を設立した日の前日において、当該受給資格に係る支給日数が1日以上であるものが設立したものであること。
・創業受給資格者が専ら当該法人等の業務に従事するものであること。
・法人にあっては、創業受給資格者が出資し、かつ代表者であること。出資を要しない場合は、創業受給資格者が代表者であること。
・当該法人等の設立の日以降3カ月以上事業を行っているものであること。
③法人設立の日から起算して、1年を経過する日までの間に、雇用保険の一般被保険者となる労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業者の事業主となること。
④雇い入れた労働者を助成金の支給後も引き続き相当期間雇用する事業主であること。
※支給申請した後に被保険者が0人となっている場合は、助成金の支給はありません。

■ 東京都地域中小企業応援ファンド
地域資源活用イノベーション創出助成事業

信用保証協会申請要件 東京都内に操業を具体的に計画している方や中小企業等で助成事業実施場所が原則として都内であり、助成事業終了後も、地域活性化に向け継続して実施する計画であることなど。
助成金限度額 800万円
助成率 助成対象と認められる経費の2分の1以内
助成対象期間 交付決定日から最長で2年間
助成対象経費 助成事業のために必要最小限の経費であって、申請書に記載する助成事業期間内に契約、取得、支払いまで完了した経費で、助成対象経費が証拠書類等にて確認可能であり、かつ、助成事業に係るものとして、明確に区分できるもので、財産を取得する場合は所有権が助成事業者に帰属する経費であること

その他弊法人グループ行政書士事務所が、貴社が受給可能な助成金を診断し申請書類の作成代行を行います。