【東京・札幌】高品質なサービスを適正料金で提供する税理士法人
BPS税理士法人
0120-973-980

コロナウイルス関連の政府の緊急融資が始まりました

皆様ご存じの通り、昨年の12月に中国から始まったコロナウイルス感染は、日に日に広がりを見せており、全国各地で毎日感染者が増えている状況です。 全国でイベントの中止や遊園地などの休園が相次ぎ、経済への影響も出始めています。とりわけ飲食業、宿泊業や観光業などのサービス業に、顧客の激減による売上減、資金繰り悪化などが表面化していることから、政府もいくつかの支援策を打ち出しています。

現在、中小企業が利用できる主な緊急融資制度は以下の2つになります。 

1.中小企業者に対するセーフティネット保証4号

融資限度額2億8,000万円。新型コロナウィルスに起因して直近1ヶ月の売上、その後2ヶ月の売上が前年同期に対して20%以上の減少が見込まれる中小企業を対象に借入債務の100%を保証。窓口は信用保証協会。

2.新型コロナウイルス感染症にかかる衛生環境激変特別貸付

融資限度額1,000万円(旅館業は別枠3,000万円)。新型コロナウイルス感染症の発生により一次的に業績悪化(直近1ヶ月で前年同月10%減)し、資金繰りに支障をきたしている旅館業、飲食業、喫茶店業に運転資金を貸し付ける。窓口は日本政策金融公庫。

情報は経済産業省が、こちらにて随時アップデートしていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。 

また、私たちBPSグループでもこうした制度融資をお客様に積極的に活用してもらうべく、情報収集と支援体制の強化につとめています。 つきましては、現在発表されている制度融資と私たちがお手伝いできる内容を下記サイトにまとめましたので、必要な方は是非ご覧ください。