【東京・札幌】高品質なサービスを適正料金で提供する税理士法人
BPS税理士法人
0120-973-980

新型コロナウイルス感染症に関連して在庫酒類の持ち帰り販売等をしたい料飲店の方への「料飲店等期限付酒類小売業免許」について

概要

料飲店等が、お店で提供している酒類を、来店客の自宅等での消費のための持ち帰り(テイクアウト)用に販売するためには、酒類小売業免許が必要ですが、新型コロナウイルス感染症に関連して大きな影響を受けている料飲店等が持ち帰りの用の酒類の販売を比較的容易に行えるように、一般の酒類小売業免許とは別に「料飲店等期限付酒類小売業免許」が設けられています。

 

申請期限

令和2年6月30日(火)

 

免許期限

免許日から6か月

 

販売対象酒類

在庫や既存の取引先からの仕入れ販売のみ

 

提出書類

  • 申請時
    • 酒類販売業免許申請書
    • 申請書 次葉1(販売上の敷地の状況)
    • 申請書 次葉2(建物等の配置図)
    • 住民票写し(法人は登記事項証明書)
  • 免許付与後
    • 申請書 次葉3(事業の概要)
    • 申請書 次葉6(「種類の販売管理方法」に関する取り組み計画書)
    • 酒類販売業免許の免許要件誓約書
    • 土地、建物、設備等が賃貸借の場合は、賃貸借契約書等の写し、その他契約書等の写し
    • 地方税(申請者が法人の場合は、「地方法人特別税」を含む。)の納税証明書
    • その他税務署長が必要と認めた書類

 

申請先

料飲店等の所在地を所轄する税務署長

 

免許の付与時期

申請から可及的速やかに

 

その他留意事項

  • 開封・未開封、量り売りも可能(詰め替え販売は要事前届出)、宅配も可能
  • 帳簿記載、販売数量報告義務あり
  • 「酒類販売管理者」の選任が必要(簡易な研修による方法あり)
  • 「酒類の公正な取引に関する基準(原価割れ販売の禁止等)」遵守義務あり 免許通知書掲示義務あり

申請様式等はこちら