確定申告特集ページ

確定申告の準備は進んでいますか?

日本においては給与所得者の多くが年末調整で課税関係が終了し、確定申告義務はありません。しかし、そういった中でも確定申告をしなければならない方がいます。また、確定申告をすることによって還付を受けられる方もいらっしゃいます。BPS税理士法人ではサイト内やYouTubeチャンネルなどで確定申告に関する情報を発信していますが、たくさんの情報の中から必要な情報を見つけるのは大変かと思いますので、確定申告に関する情報だけをまとめてみました。

 

確定申告に関する記事

確定申告をしなければならない人とは?

日本においては給与所得者の多くが年末調整で課税関係が終了し、確定申告義務はありません。しかし、そういった中でも確定申告をしなければならない方がいます。所得税法に従って11パターンに分けて解説しています。

フリマやオークションで稼いだお金に税金はかかる?

ヤフオクやメルカリの普及により、オークションやフリマで不要品を売ることが珍しいことではなくなりました。なんとなく小遣い程度になればいいかなと考えて自宅にあるモノを売っている方だけでは無く、高く売れそうなモノを仕入れてオークションサイトやフリマサイト売ることを副業にしている人も増えていますが、「オークションやフリマで得た収入は税金の対象になるの?」ということを解説します。

YouTuberの確定申告教えます(所得税・消費税)

小学生のなりたい職業ランキングに登場するほど職業の一つとして認知されているYouTuber。YouTuberは確定申告においてどのような点に注意したらよいのか、所得税だけでなく、消費税の観点からも解説しています。

民泊事業の確定申告教えます

アフターコロナのインバウンドを見込んで副業で民泊事業を始める方がも増えてくると思います。民泊事業を行っている場合には、どのように確定申告をすればよいのか解説します。

太陽光発電の確定申告教えます

一口に太陽光発電設備による収入といっても、自宅の太陽光設備の余剰電力の売却収入なのか、所有する賃貸マンションの太陽光設備の分なのか、はたまた法人が土地を買って太陽光設備を設置し単独で事業として行っているなどその形態は様々です。では、それぞれの状況によってどのように課税されるのか、確定申告をしなければならないのかを解説します。

税理士から見た外国為替証拠金取引(FX)と仮想通貨(暗号資産)

FXと仮想通貨、これらは全然違うものなのですが、何となくイメージが似ていますよね。しかしFXと仮想通貨、税務上の取り扱いは大きく異なります。それぞれの取引と税務上の考え方を解説しながら、その取り扱いの違いの謎に迫ります。

今、電子帳簿をマスターするべき!2020年以降の青色申告は電子申告で控除上乗せ

平成30年度税制改正において令和2年分からの青色申告特別控除額が55万円に引き下げられますが、電子申告又は電子帳簿保存を行うと65万円控除ができることとなりました。電子申告の具体的な手続きや電子帳簿保存について解説します。

どうする?ポイントの税金

キャッシュレス・ポイント還元制度によりさらに盛り上がるポイント制度ですが、税務上の取り扱いはどのようにしたらよいのか解説します。

不動産所得の税金教えます~事業的規模の判断とは?

投資用に不動産を購入するだけでなく、子どもの独立に伴い購入して住んでいた不動産を貸して自分たちは狭いマンションに引っ越すという場合、不動産所得を得ることになります。不動産所得は事業的規模かどうかで税務上の取り扱いが大きく変わってきます。そのため、事業的規模と判断するための基準を知ることが重要になってきます。ケースごとに、事業的規模とそうでない場合において、経費として扱える範囲の違い、控除額の違いなどを解説します。

ストックプランの確定申告教えます

株式会社の経営者や従業員が自社株を一定の行使価格で購入できる権利であるストックオプションは、急成長を目指すベンチャー企業などで優秀な社員を採用するために活用されたり、役員や従業員のモチベーションを上げたりするために活用されています。このストックオプションを含むストックプランに関する確定申告について解説します。

不動産を購入した場合に土地・建物・建物付属設備の取得価額を区分する方法

サラリーマンをやりながら副業で不動産を運用する方はたくさんいると思いますし、これから投資用不動産の取得を考えている方もいらっしゃると思います。どうしても不動産というと利回りばかりに目が行きがちですが、税金のことをしっかり考えておかないと、せっかくの利益が税金で消えてしまいかねません。節税を踏まえた減価償却の考え方、そのための土地、建物、建物付属設備の区分方法について解説します。

非居住者の確定申告と納税管理人

グローバル化に伴って、海外に駐在する方や海外で起業する方などが増えていますが、そういった方々が「非居住者」に該当する場合は、税務上の取り扱いが変わってきます。非居住者の確定申告や納税管理人について解説します。

NFTの税務上の取り扱いについて

米国Twitter社のCEOによる世界で最初の投稿が、約3億1,500万円で売却されたり、一見すると落書きのようなイラストが数百万円で売却されたりと、NFTという言葉がニュースやネット上で急に目にするようになりましたが、売った側や買った側の税務上の処理はどのようになるのでしょうか?

税務上の非居住者になるには?

税金の高い富裕層の方々や株や仮想通貨で多額の含み益がある方など、キャピタルゲイン課税の無い国に移住したら税金を払わずに済むのではないかと一度は考えたことがあると思いますが、本当に海外に移住したら税金が安くなるのか解説します。

非居住者の株式譲渡

多額の含み益を抱える株式を保有していてもキャピタルゲインが非課税の国に移住した後に株式を譲渡すれば税金はかからないのではないかと考える方もいるかもしれません。本当にそうなのか、いくつかのケースを考えながら解説します。

 

確定申告に関するYouTube動画

メルカリ・ヤフオク等フリーマーケットによる収入と確定申告について

最近「フリーマーケットによる収入は税金がかかるんでしょうか?」という質問がたくさんきます。フリーマーケットで収入があった場合の課税と非課税、譲渡所得、雑所得、事業所得の違いについて解説します。

太陽光発電収入の確定申告

サラリーマンとして給与所得のある方が自宅に太陽光設備を設置して、固定価格買取制度に基づいて余剰電力を電力会社に売却する場合の売電収入の確定申告について解説します。

民泊の確定申告

アフターコロナのインバウンドを見込んで副業で民泊事業を始める方がも増えてくると思います。この動画では民泊の定義から、民泊収入がある場合の確定申告について解説します。

YouTuberの確定申告

YouTuberは確定申告においてどのような点に注意したらよいのか、所得税だけでなく、消費税の観点からも解説しています。

青色専従者給与と事業専従者控除

青色申告では、家族に支払う給与を「青色専業専従者給与」として、所得から控除できるため、節税に繋がりますが、その制度を利用する際の注意点について同一生計親族の定義からわかりやすく解説します。

不動産所得における事業的規模の判定

不動産所得は事業的規模かどうかで税務上の取り扱いが大きく変わってきます。そのため、事業的規模と判断するための基準を知ることが重要になってきます。ケースごとに、事業的規模とそうでない場合において、経費として扱える範囲の違い、控除額の違いなどを解説します。

一括購入した場合の土地、建物、附属設備の区分

土地建物を一括購入した場合における、土地と建物、建物附属設備の区分について解説しています。

ストックオプション等ストックプランの確定申告

ストックプランの確定申告についてポイントを絞って解説しています。

非居住者の確定申告

非居住者の確定申告のポイントを説明しています。

 

所得の種類別の確定申告情報

格安確定申告

当法人の確定申告サービスに関する概要について説明しています。

金融・証券取引の税務相談・確定申告

FXやCDF取引、仮想通貨など金融・証券取引に関するサービスやよくある質問とその回答を掲載しています。

不動産譲渡所得確定申告

サラリーマンでも居住用の不動産の売却により不動産譲渡所得が発生した場合には確定申告が必要になります。不動産譲渡に関するよくある質問とその回答を掲載しています。

納税管理人&非居住者の確定申告

海外に移住して日本で税金が発生するケースは多々あります。どのようなケースで納税が発生するのか、納税は必要な場合どのような手続きが必要なのかなど、非居住者の確定申告に関連するよくある質問とその回答を掲載しています。。

保険外交員の確定申告

保険外交員の報酬は、給料なのか、売上なのか、それに伴い、消費税は課税なのか非課税なのか、あるいは、源泉徴収方法や、社会保険料の取扱いにおいても、特殊な存在です。保険外交員の確定申告におけるよくある質問とその回答を掲載しています。

ホステスさん・クラブ経営者の方のための確定申告無料相談室

ホステスさんの収入は、税務上は報酬といって通常のお給料とは別な扱いとなっています。また、消費税上の扱いも規定があいまいで混乱を招いています。ホステスの方や、クラブ経営者の方から、BPS税理士法人にいただくよくある質問とその回答について掲載しています。

不動産オーナーのための格安不動産所得確定申告

マンション経営をされる方は、親族から引き継いだ方、相続税対策、不労所得を得るため、キャピタルゲインを得るための不動産投資など様々ですが、マンション経営が本職という方を除けば、複雑な不動産税務に精通する方はそう多くはないでしょう。ここでは不動産オーナーの方からのよくある質問とその回答を掲載しています。

らくらく!住宅ローン控除

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを組んで住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度ですが、初年度は必ず確定申告が必要です。給与所得だけで確定申告をしたことのない方にとっては思ったより面倒かもしれません。ここでは住宅ローン控除に関するよくある質問とその回答を掲載しています。

ゲーム業界税務無料相談室

スマホの普及により、個人でゲームを開発して副業として稼ぐという方も増えています。しかし税務・会計に関しては、情報が少なく、どうしたらよいかわからないという声を多く聞きます。ここではゲーム開発によって収入を得ている方が経理上、税務上注意すべき点について解説しています。

区分所有建物、マンションオーナーのための格安確定申告

サラリーマンとしての給与所得とは別に投資用不動産を購入して賃貸収入を得ている方が増えています。そんな区分所有サラリーマンオーナーからいただくよくある質問とその回答を掲載しています。

仮想通貨の確定申告

仮想通貨は、日本では2020年5月1日に改正金融商品取引法が施行され、金商法上の「金融商品」とみなされるようになりました。しかしながらまだまだ一般の方々のリテラシーや市場の法規制は浅いというのが現状です。売買目的の多くは投機目的であり、実態も全くわからないまま投資を始めている方々もいらっしゃるようです。ここでは仮想通貨の税務に関してよくある質問とその回答を掲載しています。

ストックオプションの税務申告

ストックオプションには様々な種類があり、ストックプランを適用された個人は、その種類に応じた税制により、確定申告をする必要があります。ストックオプションを取り入れている企業には外資系が多いので、証券口座や説明書等が全て英語で記載されていたり、為替換算が必要であったり等、税務以外にも難しい側面があります。そんなストックオプションの税務に関してよくある質問とその回答を掲載しています。

 

当法人の確定申告料金表

 

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
会社名
都道府県
お問い合わせ内容必須
BPS税理士法人からのお知らせ 受け取る

※ 弊社では税務に関する有益な情報を不定期に配信しています。

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください

PAGE TOP